地図ぬりえ

提供:空想シリーズ・ふぁんシリーズWiki(New)

地図ぬりえ(ちずぬりえ)とは、いろいろな地図をいろいろな色で塗れるサイトである。2021年1月5日に投稿することができるようになった。略称は、地ぬり[注釈 1]

ぬりえの種類

2023年9月25日現在、180種類の塗り絵が選択可能。

日本地図

日本地図には、地方ごとの地図や日本列島の地図、近郊の地図など15種類のぬりえがある。

都道府県地図

都道府県地図には、都道府県ごとの地図がある。 北は北海道から南は沖縄県まで全都道府県の地図を選択可能で、普通の地図白地図周辺市町村ありの3つの種類がある。

普通の地図

この地図の呼び方は確定していないが本項では「普通の地図」として表記する。普通の地図は、該当都道府県の市町村境のみが描かれており、周辺は県境のみの描画になっている。離島の描画もない。

白地図

その名の通りの白地図である。周辺の市町村は県境・海岸線さえも描画されず、離島も描画されない。

周辺市町村あり

該当都道府県を中心として、周辺の市町村境も描画された地図である。2023年8月下旬に全都道府県でで使えるようになった。

白地図離島

東京都、鹿児島県、沖縄県のみに存在する地図の種類である。白地図だが離島も描画される地図になっている。なお、沖縄県のみ離島のカラー版が存在する。

世界地図

世界地図には、世界全体の地図や世界の州の地図、南極の地図など、21種類の地図が存在する。

その他

その他は、白紙のみ選択可能。 白紙はその名前の通り真っ白な画面。 自分で新たに島や地域を作る時、後述のPB作品、雑談作品などに利用できる。

編集

編集中は、画面左上のいろぬりなどと書かれた場所をタップすることでモードを変えることができる。リセットや取り消しなどは、標準で表示されており、タップすると機能してしまう。

いろぬり

いろぬりでは、同じ色の所を塗りつぶすことができる。 しかし、#000000で塗られた所(市町村地図の境界線など)は、えんぴつなどを使用しない限り塗ることは出来ない。しかし、一部の周辺市町村ありの地図は、市町村境が塗ることができると報告されている。
#000000をいろぬりに限らず、えんぴつなどでも使用しようとすると自動的に#010101に変更される。管理人の意図は不明だが、荒らし防止だと思われている。

えんぴつ

えんぴつでは、線を書くことができる。直線モードと曲線モードを選ぶことができ、太さも6段階で選べる。消しゴムも使えるが、使用した所は全てが消えて真っ白になるので注意が必要である。これらで行った操作は、左から二番目のとりけしを使用することで取り消すことが出来る。

スポイト

スポイトでは、塗られた色を「いろぬり」や「えんぴつ」で使用できるようにする機能である。これを使用した場合でも#000000を使うことは出来ない。

もじれつ

もじれつでは、文字を入力することができる。文字の大きさ、フォント、文字色、縦書きかどうかを選択可能。2023年1月8日に追加された[1]

よみこみ

よみこみでは、使用機種から画像のデータを読み込むことができる。しかし、フルカラーには対応しておらず、白黒、4値、8値でしか読み込み出来ない。

取消

取消では、一つ前に戻すことができる機能である。最大10回まで取消可能。

リセット

リセットでは、初期状態に戻すことができる機能である。リセットする際、「リセットしますか?」と、確認する文章が表示される。なお、ごく稀に機能しない場合がある。

ダウンロード

ダウンロードでは、編集中の地図を使用機器にダウンロードすることができる機能である。こちらは、機器側にダウンロードするためフルカラーで読み込むことが出来る。

登録

登録で、作成したぬりえを登録することができる。 作品を登録する際には作品名とユーザー名と説明は必須である。また、更新キーをつけると、それを入力することで今後、再編集が可能になる。作品名に工事中をつけると、更新キーを入力しないと作品を見ることができない状態になる。詳細は工事中のページ参照
コピー可の作品ではコピーができてしまうという報告があったが、現在は修正済みである。 更新キーに関しては更新キーのページも参照。 一番下のコピーとコメントの可否は、作品閲覧時にそれぞれ作品のコピー作成、コメントの書き込みの可否を決める。再編集時に変更可能。

無駄作

概要

地図ぬりえでは、無駄作に関することでたびたび騒動が発生している。地図作品を大事にしたい南朝右派、現在の地図以外も可の雰囲気を大事にしたい北朝、どちらの意見も支持し地図作品を中心としながら現在の雰囲気を大事にする南朝左派を中心として意見が分かれている。その他の思想も存在するがここでは簡略化のためあまり取り上げない。
この無駄作に関する騒動の始まりは、ゐるべあ氏の「[地ぬりの作品のtop6がすごい]」という作品だと思われ、この作品で無駄作関連の南朝、北朝が初めて使われた。なお、ゐるべあ氏は騒動を意図せずに地ぬりの作品数が多い人たちの作品数が多いということを主張したかっただけである。その後、しずれん氏の「しずれんの思想まとめ」という作品が炎上している場所にさらに油を注いでしまった。南朝を支持するS.氏と北朝を支持するしずれん氏の間で対立したがその後治ったかと思われた。その後、様々な作品や、空鉄民の介入により騒動は第三次まで続く騒動となり、現在も当初よりも関係は良くなったものの、北朝と南朝の対立は続いている。

対立の理由

主に、0.4期以前のユーザーが南朝右派、0.4期以降のユーザーが南朝左派、北朝となっている。0.4期以前は、地図作品が中心となっていたが一日約5作品など過疎が続いていた。しかし、0.4期のしずれん氏がPBの文化や非地図作品の文化を導入し、1期ごろから地ぬりは空鉄の1日作品数を越すなど発展を遂げた。しかし、前述のゐるべあ氏の作品からS.氏としずれん氏で論争が勃発。どちらものちに和解したが、八高地図塗り氏などが北朝よりもさらに北朝によった極北朝の思想を持つことを表明し、激化していった。0.4期以前のユーザーからすれば、0.4期以降のユーザーが今までの文化を破壊したことになるが、0.4期以降のユーザーからすれば、0.4期以前のユーザーが発展を邪魔しているようにも見受けられる。なお、地ぬりは騒動後、作品の質を上げるなどの活動があり、「#地ぬりにほど良い作品を」などのタグも存在する。

その他

  • 2021年2月8日に[]内にカラーコードを入力するとその色に対応した色の四角形が出てくるようになった。

関連項目

脚注

注釈

  1. 明確な略称は決まっていないが、ユーザー間ではこの名称が当たり前となっているため表記した。

出典

外部リンク