空想道路

提供:空想シリーズ・ふぁんシリーズWiki(New)

空想道路(くうそうどうろ)とは、地図上に架空の道路やバス路線などを自由に描く事ができるサイトである。空道(くうどう)と略されることが多い[1]

概要

2015年8月13日に管理人によって初作品が投稿された。現在、約2万作品が投稿されている。

操作方法

作品作成

新規作成をクリックする(スマホ等:画面右上の、中に三本線の入った四角を押し、メニューを開くと、上から2つ目にある)と、地図と複数のボタン等が表示されている画面に移る。

作業

地図上をクリックすると、そこに四角(「マーカー」と呼ぶ)が作成される。別の場所をクリックすると、2つのマーカーの間に線が引かれる。これを路線(または道路など)とみなす。なお、中間点に半透明のマーカー(「仮想マーカー」と呼ぶ)が作成される。これをドラッグすると、マーカーとなり、ドラッグを終了した場所にマーカーが置かれる。これを繰り返して、路線を作成する。マーカーをクリックするとマーカーが赤くなる(「マーカーを選択状態にする」と呼ぶ。仮想マーカーはクリックできない)。

画面上部に5つのボタンと歯車がある。

  • 一番左、「リバース」と書かれたボタンをクリックすると、路線の起点と終点が入れ替わる。それまでと逆向きに路線を作成したいときに使用する。
  • 左から2番目、「点消去」と書かれたボタンをクリックすると、選択状態にあるマーカーすべて(選択状態のマーカーがない場合は終点のマーカー)が削除される。削除の際、警告文が出ないので、十分注意すること。
  • 左から3番目、「駅設定」と書かれたボタンをクリックすると、選択状態にあるマーカ―すべて(選択状態のマーカーがない場合は終点のマーカー)の上に黒くて大きい丸が表示される。これをIC(またはJCT・SA・PA・交差点・バス停など)とみなす。ICのあるマーカ―を選択してこのボタンをクリックすることで、ICを消去できる。
  • 左から4番目、「路線追加」と書かれたボタンをクリックすると、路線が追加される。
  • 一番右、「路線削除」と書かれたボタンをクリックすると、路線が削除される。「本当に削除しますか?」という警告文が表示され、「OK」と「Cancel」を選べる。「OK」を押すと削除される。
  • 「路線削除」ボタンの右隣にある黒い歯車を押すと、「機能設定」と書かれた画面が表示される。地図モード・グリッド線・マーカー設置に関する設定ができる。
    • 地図モード(背景の地図のタイプ)には、「通常」(デフォルト)・「鉄道なし」(鉄道路線がすべて消える)・「道路なし」(道路がすべて消える)・「高速なし」(高速道路がすべて消える)・「鉄道・高速なし」(鉄道路線と高速道路がすべて消える)・「ラベルなし」(地図上の文字という文字がすべて消える)・「地形のみ」・「白紙」・「国土地理院」(背景が地形図になる)がある。
    • グリッド線は、地図上に格子状に引かれる灰色の線である。「表示する」に設定することで表示できる。
    • マーカー設置では、マーカー設置の条件を選べる。「自由に設置する」(デフォルト)・「グリッド制御する」(グリッド線上の格子点にのみマーカーが置かれる)・「グリッド(小)制御する」(より細かいグリッド線でグリッド制御ができる)がある。

画面右側(スマホ等:画面上部に「地図」「路線」「IC」と書かれた部分がある。このうち真ん中にある「路線」をタッチする)、「路線」と書かれたところに、丸と白いスペース、3つの点が入った灰色のボタンがある。

  • 丸をクリックすると、路線に関する設定ができる。路線の色や種類・透過・幅の変更が可能で、略称の設定もできる。
    • を変更すると、先程の丸の色が、指定した色に変更される。デフォルトのカラーコードは、#000080 である。
    • 種類には、「実線(デフォルト)」・「破線」・「点線」・「計画線A」(小さな丸が連なってできる線)・「計画線B」(小さな丸が連なってできる線。Aよりも丸の間隔が広い)・「国鉄線」(指定した色と白が交互に現れる)・「私鉄線」(実線に垂直に、多数の短い線が交わる)・「二重線」・「高速道路」(説明が難しいので実物を見てほしい)・「高速道路(工事中)」(「高速道路」の破線バージョン)がある。
    • 透過は0%~100%(透明)である。デフォルトは10%である。
    • は0~32で選択できる。デフォルトは6である。
    • 略称は3文字以内である。先程の丸の中に表示される。
    • ロックをすると、路線の編集ができなくなる(点消去・路線削除は有効)。
    • 選択/解除では、マーカーを全て同時に選択したり、選択状態にあるマーカーをすべて同時に選択解除したりできる。
  • 白いスペースをクリックすると、路線の名称を決めることができる。
  • 灰色の四角を押すと、「データ読込」と書かれた画面が表示される。ほかの作品から路線を持ってきたいときに使うが、工事中の作品・削除された作品・コピーがNGに設定されている作品[2]から持ってくることはできない。
    • No.には、データを読み込みたい作品番号を書き込む。作品番号の前に「A」と記入することで空想鉄道の作品を、「C」と記入することで空想地図の作品を、「@」と記入することで空想別館の作品からデータを読み込むことができる。
    • 指定を押すと、作品のタイトルと、各路線につけられた名称が表示されるので、持ってきたい路線にチェックを入れる。
    • 統合をクリックすると、既存の路線に持ってくる路線を統合できる。これを設定しないと、指定している路線が消えてしまうので、十分注意すること。
    • これらの点に留意して読込をクリックすれば、読込は完了する。
  • 複数路線がある場合、路線の並び替えができる。↑の書かれたボタンをクリックすると、指定した路線が上に移動し、↓の書かれたボタンをクリックすると下に移動する。

画面右下(スマホ等:画面上部に「地図」「路線」「IC」と書かれた部分がある。このうち右にある「IC」をタッチする)、「IC」と書かれたところには、その路線の駅数、路線全体や各IC間の距離、ICの番号が表示される。ICの番号の隣には白いスペースがある。

  • ICの番号をクリックすると、IC名が地図上に、四角い枠に囲まれて表示される(以下:強調する)。枠をクリックすると、ICに対する枠の位置を変更できる。
  • 白いスペースをクリックすると、IC名を入力できる。連打すると地図の中心にICが表示される。

保存

ある程度の作業が完成したら、「保存」ボタンをクリックし、登録画面に移行する[3]

  • 名称には、デフォルトではメインの名称がそのまま表示されるが、自由に変更できる。「工事中」と入力すれば非公開にできるし、「削除」と入力すれば作品を削除できる[4]
  • 登録者には、自分のユーザー名を記入する。間違っても自分の名前を入れないように
  • 説明欄には、路線などの説明を書く。
  • 更新キーは、時間をおいて再び作業するために必要なパスワードのようなものである。これがないとその作品を二度と更新できない。更新キーを特定して作品を削除しようとする荒らしもいるので、更新キーはわかりにくいものにしておき、辞書登録などをしておくことを強く勧める
  • 表示モードには、「通常」(自分の強調したいIC名のみ強調される)・「全表示」(すべてのIC名が強調される)・「全消去」(すべてのIC名が強調されない)・「○縮小」(すべてのIC名が強調されず、すべてのICの丸が小さく表示される)・「路線のみ」(すべてのICが表示されず、すべてのIC名が強調されない)・「選択のみ」(閲覧者がクリックした路線[5]のみ表示され、自分の強調したいIC名が強調される)がある。作品を閲覧するユーザーの画面にデフォルトで表示される。
  • 地図モードは、先述の通り、「通常」(デフォルト)・「鉄道なし」(鉄道路線がすべて消える)・「道路なし」(道路がすべて消える)・「高速なし」(高速道路がすべて消える)・「鉄道・高速なし」(鉄道路線と高速道路がすべて消える)・「ラベルなし」(地図上の文字という文字がすべて消える)・「地形のみ」・「白紙」・「国土地理院」(背景が地形図になる)がある。
  • コピーOK/NGは、閲覧者がその作品を自由にコピーできるかを決定する。無断コピーをされたくない人は、NGにしておくこと。
  • コメントOK/NGは、閲覧者がその作品に自由にコメントできるかを決定する。

最後に登録ボタンをクリックすると、登録が完了する。

作品閲覧・更新

作品のリンク(https://road.chi-zu.net/(作品番号).html[6])からアクセスするか、リストから作品を探してアクセスする。

作品検索

  • 「名称」は、作品の名称で検索する。数字だけを入力すると、作品番号がその数字の作品のみが表示される(ない場合は何も表示されない)。
  • 「登録者」は、作品の作成者のユーザー名或いはIDで検索する。IDを{}でくくれば最終更新者のIDで検索できる。
  • 「説明」は、作品の説明欄に載っている語句で検索する。
  • 「並び順」について、
    • 登録日(新)順は、新しい作品ほど上に表示する。
    • 登録日(古)順は、古い作品ほど上に表示する。
    • 更新日(新)順は、最終更新時刻が遅い作品ほど上に表示する。
    • コメント日(新)順は、最新コメントの投稿が遅い作品ほど上に表示する。
    • コメント日(古)順は、最新コメントの投稿から時間のたっている作品ほど上に表示する。
    • 路線数順IC数順距離順コメント数順アクセス数順はその名の通りである。作品全体での路線数・IC数・距離、作品のコメント数やアクセス数が多い(または長い)順。
    • Nextは次のページに進み、Prevは前のページに戻る。

作品上

作品にアクセスすると、作成画面に似た画面が表示される。 左上に1個~4個のボタンが並んでいるのが分かる。

  • 「駅名」は、「保存」の項で記した「表示モード」にあたる。「通常」(作成者の強調したいIC名のみ強調される)・「全表示」(すべてのIC名が強調される)・「全消去」(すべてのIC名が強調されない)・「○縮小」(すべてのIC名が強調されず、すべてのICの丸が小さく表示される)・「路線のみ」(すべてのICが表示されず、すべてのIC名が強調されない)・「選択のみ」(クリックした路線[7]のみ表示され、その路線で作成者の強調したいIC名が強調される)がある。
  • 「コメント書込」では、コメントを書き込むことができる。なお、このボタンは、「保存」の項で示した「コメントOK/NG」がNGに設定されていると表示されない。
    • 登録者の欄には、コメントする際の自分のユーザー名を記入する。
    • タイプには、「補足」(緑色。中央に「+」が描かれている。過去の自分の発言などに付け足しをする)・「賛成」(赤色。中央に「↑」が描かれている。主に作成者の案に同意するときに使う)・「反対」(青色。中央に「↓」が描かれている。作成者の案に異議を唱えたいときに使うのが本来の使用法だが、特定の人物(特に作成者)を非難するときにも用いる人がいる)・「意見」(黄色。中央に「☆」が描かれている。作成者の案に自分なりの提案をする。騒動の中で使われることも多い)・「質問」(紫色。中央に「Q」と書かれている。他者に質問をするときに使う)・「回答」(「賛成」よりもくすんだ赤色。中央に「A」と書かれている。他者の質問に答えるときに使う)がある。
    • コメント本文を書き込み、「登録」をクリックすれば、コメントが登録される。
  • 「コピーして作成」では、作品をコピーできる。なお、このボタンは、「保存」の項で示した「コピーOK/NG」がNGに設定されていると表示されない。管理人は無断コピーをOKとしているが、マナーとしてはふさわしくない。作品をコピーしたいときは、作成者に許可をとることを勧める[8]
  • 「更新」ボタンから、更新することができる。なお。このボタンは、「保存」の項で示した「更新キー」を設定していないと表示されない。クリックすると、「更新キーを入力してください」という画面が表示される。その隣には最終更新者のIDが表示される。正しい更新キーを入力すると、作成画面に移行する。作成については「作品作成」の項を参照。

画面右上、「路線」と書かれたところ(スマホ等:画面上部、「地図」「路線」「IC」「コメ」と書かれたところの左から2つめ)には、上から順に、

No.(作品番号)

登録者のユーザー名@登録者のID

作品名(大きい字)

説明

合計○○.○km(距離):○路線(路線数):○地点(IC数)

コメント数 アクセス数

が表示される。

画面右側中央、「IC」と書かれたところ(スマホ等:画面上部、「地図」「路線」「IC」「コメ」と書かれたところの左から3つめ)には、指定している路線のICが表示される。

画面右下、「コメント」と書かれたところ(スマホ等:画面上部、「地図」「路線」「IC」「コメ」と書かれたところの最も右)には、コメントが新着順に並べられる(なければ「コメントは登録されていません」と表示)。

コメント検索

コメントから、コメントを確認できる。

  • 「名称」は、作品の名称で検索する。数字だけを入力すると、作品番号がその数字の作品に寄せられたコメントのみが表示される(ない場合は何も表示されない)。
  • 「登録者」は、コメントの登録者のユーザー名或いはIDで検索する。
  • 「コメント」は、コメントに載っている語句で検索する。タイプを{}でくくれば、そのタイプで寄せられたコメントに絞って検索できる。
  • 「並び順」について、
    • 登録日(新)は、新しいコメントほど上に表示する。
    • 登録日(古)は、古いコメントほど上に表示する。
    • Map Noは、作品を新着順に並び替えたうえで、各作品に寄せられた最新コメントを表示する。

掲示板

掲示板を参照

チャット

チャットを参照

操作説明

本家の操作説明が載っている。また、メッセージボードNG機能が利用可能。

リンク

空想シリーズふぁんシリーズなどに所属するサイトの一覧が表示される。

注釈

  1. ほかのサイトに比べて過疎が目立つことから、「空洞」と揶揄されることもある
  2. 工事中にする方法・削除する方法・コピー可否を設定する方法は後述
  3. 保存ボタンをクリックする際に指定している路線(メインと呼ぶ)には、路線の名称が必須である。これがないと、「名称は必須です。(メインのみ)」という警告文が表示され、そのままでは登録画面に移行できない。
  4. 2回目以降。最初から「削除」と入力することはできない。
  5. デフォルトではメイン
  6. 空想道路内ならばNo.(作品番号) で代替可能
  7. デフォルトはメイン
  8. 被参照用など、コピーされることを前提に作られた作品は除く