空想鉄道

提供:空想シリーズ・ふぁんシリーズWiki(New)

空想鉄道(くうそうてつどう)は、地図上に架空の鉄道を自由に描くことができるサイトである。空鉄(くうてつ)と略されることが多い。

概要

開設されたのは2014年の10月27日のことであり(これは空想シリーズで最も早い[1])、8時34分に管理人氏がこのサイト最初の作品である中央リニア(名古屋ー大阪)を投稿した。2023年7月には総作品数が28万作品を超え、現在は約28万2000作品ほどである[2]

沿革

  • N期も参照のこと。
  • 2014年10月27日 - 開設。
  • 2016年3月16日 - 1万作品突破。
  • 2018年8月15日 - 5万作品突破[3]
  • 2020年3月19日 - 10万作品突破。
  • 2022年4月3日 - 20万作品突破。

ページ別操作方法

※本家の操作説明はコチラ。一部引用。

共通事項

ロゴ

空想鉄道のシンボル。これを押すとトップ画面に移動する。

メニュー

サイト内の各ページへ移動できる。画面最上部にあり、スマホ版では画面右上の三本線の入った四角を押すと出てくる[4]

トップ

空想鉄道にようこそ

サイトの趣旨・使い方について書いてある。

URL変更のお知らせ

かなり前ではあるが、空想鉄道のサーバーが移設され、URLが「https://railway.chi-zu.net」から「https://ku-tetsu.net」に変更されたため、ブックマークの変更を促している[5]

新規 路線作成

新規作成画面にアクセスできる。また、作成方法を参照したいときのために操作説明画面[6]のリンクが貼られている。

最新路線リスト

新たに投稿された作品を、新着順に5作品並べている。作品の番号、名称、登録者、登録日、コメント数、アクセス数が確認できる。「もっと見る」を押すとリスト画面に移動する。

最新コメント

新たに投稿された作品を、新着順に5作品並べている[7]。コメントが寄せられた作品の番号と名称、コメントのタイプ(コメント参照)と登録者、登録日、時刻(分まで)、内容が確認できる。「もっと見る」を押すとコメント画面に移動する。

(新規)作成[8]

作品を制作できる画面である。

地図

実際に鉄道を引く画面である。

  • 地図上を左クリック(以下:クリック[9])することで、マーカー(□)が作成される。2ヶ所めのクリックを行うと、マーカーとマーカーの間に線が引かれる。中間点に半透明のマーカーが作成されるが、これを仮想マーカーと呼ぶ。クリックを繰り返すことで、線を描写する事ができる。
  • マーカーは、マウスでドラッグすることで、場所を移動することが可能である。仮想マーカーをドラッグすることで、新たなマーカーが作成され線を曲げることができる。
  • マーカーをクリックすると色が赤くなるが、これを「選択状態」と呼ぶ。
ボタンの使い方

まずは、画面上部のものから。左から順。

  • 「リバース」 - それまでとは逆の向きに線を引きたいときに使う。
  • 「点消去」 - マーカーを削除したいときに使う[10]削除する際に警告が出ないので、十分注意すること
    • マーカーを選択状態(マーカーをクリックし色が赤くなった状態)にしてボタンをクリックすると、選択されたマーカーが削除される(複数削除可能)。
    • マーカーが選択されていない状態でボタンをクリックすると、最終マーカーが削除される。
  • 「駅設定」 - 駅(大きめの黒丸)を設定したいときに使う。
    • マーカーを選択状態にしてボタンをクリックすると、選択されたマーカーが駅になる(複数設定可能)。
    • マーカーが選択されていない状態でボタンをクリックすると、最終マーカーが駅になる。
  • 「路線追加」 - 新しい線を引きたいときに使う。
  • 「路線削除」 - 路線を削除したいときに使う。押すと「確認 本当に削除しますか?」と書かれたボックスが表示される。「OK」を押すと路線は削除され、「Cancel」を押すと元に戻る。どちらかを押すまでこのボックスは消えず、ほかの操作もできない。
  • 歯車 - 機能設定の画面に移動する。地図の詳細設定に使う。
    • 「地図モード」 - 背景の地図を切り替えることができる。
      • 「通常」はデフォルト。
      • 「鉄道なし」は、鉄道路線が地図から消える。
      • 「道路なし」は、道路が地図から消える。
      • 「高速なし」は、高速道路が地図から消える。
      • 「鉄道・高速なし」は、鉄道と高速道路が地図から消える。
      • 「ラベルなし」は、駅名や市町村名、施設名など、文字という文字がことごとく地図から消える。
      • 「地形のみ」は、ラベルに加えて、ビルや道路、鉄道などの人工物[11]が地図から消える。
      • 「白紙」は、地図も消える…はずだが、最大になるまで拡大すると所々に何かが消えずに残っているのが見える。
      • 「国土地理院」は地形図。
    • 「グリッド線」 - 背景の地図に格子状の線を表示できる[12]
    • 「マーカー設置」 - グリッド制御(先述の格子状の線において格子点にのみマーカーを設置できる機能)にするかどうかを決められる[13]


次に、画面の右端のボタン。上から順。

  • オレンジ色の人[14] - 地図上の任意の地点にドラッグすると、その地点のストリートビューを見ることができる。ストリートビューの操作方法については省略する。ブラウザバックしてしまうと、それまでの制作がすべて水の泡になるので、ストリートビュー下部の黒い部分の「←」を押して戻ること
  • 「+」マーク - 地図を拡大する。
  • 「-」マーク - 地図を縮小する。


画面左下のボタン一覧。「特別」・「地図」・「航空写真」は左から順で、「Googleマップを開く」はそれらの下。

  • 「特別」 - 地図を機能設定で指定した「地図モード」にする。
  • 「地図」 - 地図をGoogleマップにとってのデフォルト状態にする。
    • 「地形」 - 地図上に40mおきに等高線を表示する。ただしある程度拡大した時には20mおきに表示され、それ以上拡大した時には等高線が消えて起伏のみとなる。
  • 「航空写真」 - 地図を航空写真にする。廃線の被参照用を作るときに役立つかもしれない。
    • 「ラベル」 - 航空写真からラベルを消し、「写真」そのものを見ることができる。
  • Googleのロゴ - Googleマップを開く。


最後に、画面右下のボタン。左から順。

  • 「キーボード ショートカット」 - キーボードショートカットを見ることができる。
  • 「地図データ@2023 Google」 - これはボタンではない。
  • ○○m(または○○km/○○マイル/○○フィート)」(地図上でのこの長さが実際の何m/何km/何マイル/何フィートか、が書いてある) - 縮尺の表示方式をメートル法とヤード・ポンド法[15]のどちらにするかを選べる。
  • 「利用規約」 - Googleマップの利用規約を開く。
  • 「地図の誤りを報告する」 - Googleマップの誤りを報告できる[16]。一定程度拡大された地図で表示される。

路線

PC版は画面右上。「路線」の文字の横にあるボタンは、押すと路線の設定の部分を隠す[17]ことができる。

ボタンの使い方
  • 「↑」ボタン・「↓」ボタンを押すと、路線の並び替えができる。「↑」ボタンは指定した路線を上に、「↓」ボタンは指定した路線を下に動かす[18]
  • 丸(デフォルトでは濃い青)を押すと、路線設定に移動する。
    • 「略称」は、路線の略称を決められる。3文字以内
    • 「ロック」は、マーカーの位置を固定する。
    • 「選択/解除」は、すべてのマーカーを選択状態にする[19]
    • 「色」は、路線の色を決められる。右側の色相環からも決定できる。[20]
    • 「線種」は、線の種類を選べる[21]
    • 「透過」は、線の透明度を選べる[22]
    • 「幅」は、線の太さを選べる[23]
  • 先述の丸の右側にある枠には、路線の名称を記入する。
  • 枠の右側にある「…」ボタンを押すと、データ読込画面に移動する。ほかの作品の路線を取り込みたいときに使う。このボタンを押したときに指定されていた路線のデータは消えてしまう[24]ので、「路線作成」ボタンを押して何もない状態の路線を作ってそこから読み込むこと
    • 「No.」は読み込みたい作品の番号。番号の前にアルファベットをつける事で別サイトの路線を読み込める(B:空想道路、C:空想地図、@:空想別館)。コピー禁止の作品も読み込むと更新キーを要求されるので入力して指定を押せば読み込むことができる。ただし、空想別館は更新キーがないためコピーを『誰でも可』にしないと読み込むことができないので注意。また、空欄の状態で作品を指定した場合編集中の作品が登録されていれば編集中の作品が読み込まれる。[25]
    • 「統合」は、既存の路線[26]と読み込み元の路線をつなぎ合わせるときに使う。
    • これらの操作が完了したら、「指定」ボタンを押す。作品の名称が表示されるが、コピーを禁止に設定(後述)されている作品の場合は、更新キーを入力してもう一度「指定」を押す。
    • 路線一覧が表示されるので、読み込みたい路線の左側にチェックを入れて、「読込」を押す。一度「Cancel」ボタンまたは「データ読込」ボックスの外を押すと、入力データがすべて消えるので気を付けること
    • 読み込まれた路線は、略称・ロック状態(指定されていれば)・色は保存されるが、その他はデフォルト状態になる[27]ので気を付けること。

PC版では画面右下。「駅」の文字の横にあるボタンは、押すと駅の設定の部分を隠す[28]ことができる。

  • 「設定数」は、その路線に設定された駅の数。
  • 「距離」は、その路線の長さ。もちろん「地図上での」ではなく「実際の」である。
  • 「(start)」は路線の起点が駅ではないときに、「(end)」は路線の終点が駅でないときに表示される。それぞれ、右側には起点からの距離が書かれている(「(start)」は起点なので、起点からの距離は0.0kmと表示される)。


以下、駅の詳細設定の部分の解説。

  • 左端の○は、属する路線の色。
  • ○の中に入った数字は、最も起点に近い駅から数えた駅の番号である。路線を「リバース」すれば番号は変わる。
  • 枠には、駅名を記入する。ダブルクリック(スマホでは長押し)すると、その駅が地図の中心になるように地図が移動する。
  • 枠の右側には、その駅の起点からの距離が、その上下には隣の駅[29]からの距離が書かれている。
  • その駅を設定する部分の、駅名を入力する枠の外をクリックすると、駅名(ラベル)を地図上に表示できる(以下:「駅を指定する」)。角の丸い枠の中に表示され、これをクリックするとその場所を移動できる。

保存

「↓」ボタン(先述)の右側にある。保存する際、指定している路線には路線名を入力する必要がある[30]
以下、登録画面の解説。

  • 「名称」は、作品の名称[31]。これを入力しないと保存できない。ここを「工事中」にすることで、作品を非公開にできる。また、1回目の更新(新規投稿時を1回目とすると、2回目)以降は、ここを「削除」とすることで、作品を削除できる[32]
  • 「登録者」は、自分のハンドルネーム。これを入力しないと保存できない。間違っても本名を入力しないように
  • 「説明」は、路線についての説明など。これを入力しないと保存できない。
  • 「更新キー」は、作品を更新するためのパスワード。これがないと作品の更新ができない。更新キーを分かりやすいものにすると、荒らしに作品を乗っ取られる可能性があるので、更新キーはなるべくわかりにくいものにすること。
  • 「表示モード」は、駅の表示形態。
    • 「通常」は、指定された駅のみ、地図上にラベルが表示される。
    • 「全表示」は、地図上に全駅のラベルが表示される。
    • 「全消去」は、地図上にどの駅のラベルも表示されない。
    • 「駅○縮小」は、地図上にどの駅のラベルも表示されず、駅の丸を小さくして表示する。
    • 「路線のみ」は、地図上に駅が表示されない。もちろんそのラベルも、である。
    • 「選択のみ」は、指定した路線のみ表示され、その路線にある指定された駅は地図上にラベルが表示される。
  • 「地図モード」は、先述
  • 「コピー」(OK/NG)は、この作品を他者(または自分)がコピーすることを許可するか、禁止するかを決定できる[33]
  • 「コメント」(OK/NG)は、この作品へ他者(または自分)がコメントすることを許可するか、禁止するかを決定できる[34]
  • 「複製保存」は、1回目の更新(新規投稿時を1回目とすると、2回目)以降で表示される。作品を更新したが、前の状態をバックアップしたいときに使う。


これらを確認したうえで「登録」を押すと保存される。ただし、初回アクセス制限における「制限時間」を超えていればの話である。

リスト

作品を閲覧できる画面である。作品を押すと各作品に移動する。

作品検索

リストに表示する作品を絞り込む機能である。

  • 「名称」は作品をその名称から探す。番号を入力するとその番号の作品が表示される。
  • 「登録者」は作品を保存(あるいは最後に更新)したユーザーのハンドルネームあるいはIDから探す。
  • 「説明」は作品の説明欄に含まれる文字列から探す。
  • 「並び順」は、表示される作品の順番を並び替える。
    • 「登録日(新)順」は、新しい作品ほど上に表示する。
    • 「登録日(古)順」は、古い作品ほど上に表示する。
    • 「更新日(新)順」は、新たに更新(または投稿)された作品ほど上に表示する。
    • 「コメント日(新)順」は、その作品に寄せられた最新コメントがサイト全体でみて新しい作品ほど上に表示する。
    • 「コメント日(古)順」は、その作品に寄せられた最新コメントがサイト全体でみて古い作品ほど上に表示する。
    • 「路線数順」は、路線数が多い作品ほど上に表示する。
    • 「駅数順」は、駅数が多い作品ほど上に表示する。
    • 「距離順」は、作品内の路線の総延長がが長い作品ほど上に表示する。
    • 「コメント数順」は、寄せられたコメントが多い作品ほど上に表示する。
    • 「アクセス数順」は、アクセス数が多い作品ほど上に表示する。
  • 「検索」ボタンを押すと作品検索ができる。

その他

リストは1ページ30作品までしか表示できず、複数のページにまたがっている[35]。「Next」を押すと次のページへ移動でき、「Prev」を押すと前のページに戻る。ページ最下部にはページ数が書いてある。

コメント

コメントを閲覧できる画面である。コメント本文の上部、青い部分を押すと各作品に移動する。現在、空想鉄道では1作品につき1コメントしか表示されない[36]。この措置について管理人は以下のように説明している。

  • 荒れている状態を当事者以外は見なくて済む

 (1件だけは表示しますが)

  • 荒れている状態を見たい人は地図詳細を開けば見れる

 (逆に言えば、反応している人は、わざわざアクセスしてまで、荒れている状態に関与しようとしている人)

コメント検索

一覧に表示するコメントを絞り込む機能である。

  • 「名称」はコメントの寄せられた作品をその名称から探す。番号を入力するとその番号の作品が表示される。
  • 「登録者」はコメントしたユーザーハンドルネームあるいはIDから探す。
  • 「コメント」はコメントに含まれる文字列から探す。なお、{}の中にコメントのタイプを入力すると、そのタイプのコメントのみ表示される。なおいずれの場合も参照コメントは表示されない。
  • 「並び順」は、表示されるコメントの順番を並び替える。
    • 「登録日(新)順」は、新しいコメントほど上に表示する。
    • 「登録日(古)順」は、古いコメントほど上に表示する。
    • 「Map No」は、作品番号の大きい作品、つまり新たに投稿された作品ほど上に表示する。
      • 「検索」ボタンを押すとコメント検索ができる。

その他

1ページ10コメントまでしか表示できず、複数のページにまたがっている[37]。「Next」を押すと次のページへ移動でき、「Prev」を押すと前のページに戻る。ページ最下部にはページ数が書いてある。

掲示板

掲示板参照

チャット

チャット参照

操作説明

メッセージボード

個別項目参照。

NG機能

個別項目参照。

空想鉄道 について

空想鉄道についての軽い説明。トップ画面にもあるが、こちらにはリンクフリーである旨が書かれている。

空想鉄道 利用上の注意

荒らしへの対応方法など。

FAQ(よくある質問・回答)

よくある質問とそれに対する回答。何気に大切なことが書いてあるので、読んでおくことを推奨する

リンク

空想シリーズふぁんシリーズ等の空想鉄道に関連するサイトにアクセスできる。

作品上

地図

ボタンの使い方

左上のボタンから。

  • 「駅名」は、保存画面での「表示モード」のことである。デフォルトは作成者が指定したモードだが、自由に変更可能。なお重い作品では一部の駅のラベルが地図上にずっと残るバグが発生することがあるが、これはリロードで解消する。無断コピーだと決めつけないこと
  • 「コメント書込」は、コメントを書き込める[38]
    • 「登録者」は自分のハンドルネーム[39]
    • 「タイプ」はコチラを参照のこと。
    • 「コメント」はコメント本文。
    • 「登録」ボタンを押すと書き込みが完了する。
  • 「コピー作成」は、作品をコピーできる[40]無断コピーについては、管理人はローカルルール(作品作成者の制定したルール)のない限り自由としているが、マナーとしてよくないので控えるべきである
  • 「更新」は、作品を更新できる[41]。「更新キーを入力してください」と書かれた画面が出てくるので、枠内に更新キーを入力して「OK」を押す。更新キーが正しければ「更新キーが確認できました」と表示されて作成画面に移動する。間違っていれば「更新キーが違います」と表示される。

路線

上から順に、

作品番号              投稿時刻
登録者のハンドルネーム@登録者のID
作品名
説明欄
(合計距離[42]: 駅数: 地点数)
コメント数 アクセス数
最新更新時刻[43](最新更新者のID[44])

が表示され、その下に路線が並ぶ。なお名前のない路線は表示されない。指定路線のデフォルトはメイン(先述)だが、自由に変更することができる。

その他

  • 空想鉄道では、エイプリルフールネタが存在している。
  • 空想鉄道でも、完全架空鉄道を作る事が可能である。

ページ情報

脚注

注釈

出典

  1. ふぁんシリーズを入れると道州制ふぁんの方が早い(2006年2月28日)
  2. 削除されたものも含む
  3. No.50000とNo.50001が削除されているため、No.50002の日付で判断している
  4. PC版は中央に横並び、スマホ版は右端に縦並びで表示される
  5. 過去のURLはここには記載されていないが、過去のURLで検索してもサイトにアクセスできるようにしている
  6. 「マニュアル」と記載されている
  7. 空想鉄道に限り、1作品につき1コメントのみが表示される。つまり、ある1作品にコメントが集中していても、その作品に寄せられたコメントのうち最も新しいものしかここには表示されない。
  8. 新規作成はコチラ
  9. スマホではタップ
  10. マーカーを右クリックすることでも削除できる
  11. 堀や溜め池、埋め立て地などを除く
  12. 地図を拡大・縮小しても線と線の間隔は変わらない
  13. 「グリッド(小)制御」にすると格子状の線の間隔が狭くなる
  14. ペグマンって言うらしい
  15. マイル・フィート
  16. もちろん相手は管理人氏ではない
  17. 隠れているときには表示する
  18. 最上部にある路線で「↑」ボタンを押すと「先頭路線です」というお知らせが、最下部にある路線で「↓」ボタンを押すと「末端路線です」というお知らせが表示される。また、1路線しかないときにこれらのボタンを押すと、「入れ替える路線がありません」と表示される。これらのお知らせは、下部にある「OK」を押さないと消えない
  19. すべてのマーカーが選択状態のときにこれを押すと、すべてのマーカーの選択状態が解除される
  20. 16進数カラーコードと呼ばれる数字とアルファベット(A~F)によって表されている。参考程度に、「#ffffff」は白、「#888888」は灰色、「#000000」は黒、「#ff0000」は赤、「#ff8000」はオレンジ、「#fff000」は黄色、「#00ff00」は緑、「#00ff80」は青緑、「#00fff0」は水色、「#0000ff」は青、「#8000ff」は紫、「#f000ff」はマゼンタ、「#800000」は茶色、「#ff8888」はピンク、「#008000」は濃い緑、「#000080」は濃い青(デフォルト)である
  21. 線の種類とその説明については、線を実際に見たほうが早くて分かりやすいのでここでは省く
  22. デフォルトは10%
  23. デフォルトは6
  24. 後述の「統合」をオンにしていた時を除く
  25. 作品が削除されるなどして存在しない場合は「データベースエラー」と表示される
  26. 「…」ボタンを押したときに指定していた路線
  27. 「線種」は「実線」に、「透過」は「10%」に、「幅」は「6」に変わってしまう
  28. 隠れているときには表示する
  29. その駅が起点だったら上には何も表示されず、終点だったら下には何も表示されない。ただし、起点/終点が駅でない場合、番号「01」の駅の場合は上に「(start)」からの距離が表示され、番号が最大の駅の場合は下に「(end)」からの距離が表示される。
  30. 入力しないと、「名称は必須です。(メインのみ)」という文章の入ったブロックが表示される
  31. デフォルトは指定している路線の路線名
  32. 新規投稿時にここを「削除」にすると、「新規登録では削除はできません。」という文章が表示され、保存できない
  33. デフォルトは「NG(禁止)」
  34. デフォルトは「OK(許可)」
  35. 作品検索機能を用いた場合は、もし条件に当てはまる作品が30作品以上あるとき
  36. コメント検索機能を用いた場合を除く
  37. コメント検索機能を用いた場合は、もし条件に当てはまるコメントが10個以上あるとき
  38. 保存画面でコメントをNGにしていた場合は表示されない
  39. デフォルトはななしさん
  40. 保存画面でコピーをNGにしていた場合は表示されない
  41. 保存画面で更新キーを設定しなかった場合は表示されない
  42. 全路線の合計距離。km表示
  43. 投稿後に更新された場合のみ
  44. 作品投稿者と最新更新者のIDが一致しない場合のみ

外部リンク